福山市 唾液検査 3DS
唾液検査 3DS

虫歯はどうやってできる?

 

ミュータンス菌が生息

 

ミュータンス菌が歯に残った糖分を採取

糖分を分解してプラークを作りだす

 

ミュータンス菌が増殖

糖を発酵させ乳酸などの酸を生成

 

高濃度の酸でエナメル質を溶かして虫歯に。

 

虫歯は主にミュータンス菌という細菌による感染症です。
ミュータンス菌が甘いもの(主に砂糖)をエネルギーとして作り出すネバネバ(グルカン)によって、歯の表面に細菌の被膜(バイオフィルム)ができます。
その結果、ネバネバの中の細菌が作り出す酸によって歯の表面が酸性になり、歯のエナメル質が溶かされて虫歯になってしまうのです。


ミュータンス菌は子どもの歯が生え始めた頃(1~2歳前後)、両親または身近にいる祖父母から子へ感染すると考えられています。3歳くらいまではなるべく感染の機会を少なくすることが大切です。


両親または身近にいる祖父母の口の中にミュータンス菌が多いと、それだけ子どもにうつる率が高くなりますから、ご家族みなさんで虫歯リスク判定の検査を受けることをおすすめします。


検査の方法
唾液検査は2種類あります。
通常、2種類の検査結果と歯磨き習慣など(問診)を総合して虫歯危険度(カリエスリスク)を判定します。
唾液検査A ……ミュータンス菌が作り出す酸の強さを判定します
 綿棒で歯面を数回拭い、プラークを採取するだけの簡単なものです。


唾液検査B……唾液の緩衝能(酸を中和する力)と唾液の量を測定します
 検査用のガムを3分間咬む間、お口の中に溜まった唾液をカップに採取します。

 ※ガムが咬めない、または唾液の採取が難しいお子さまは検査Aのみ受けていただきます。


あなたの虫歯危険度(カリエスリスク)がわかります

 


3DSとは?
Dental Drug Delivery System(デンタル ドラッグ デリバリー システム)


ミュータンス菌は歯だけに付着して増殖するという性質があるため、歯だけに薬を使用することができれば、常在性のレンサ球菌を損なわずにミュータンス菌だけを選択的に減少させることが期待できます。


しかし、ミュータンス菌は歯の表面にバイオフィルムという細菌膜をつくって、飲み薬や塗り薬が直接効かない環境をつくっています
また、口腔内に投与された薬は、すぐに唾液によって希釈・除去されてしまいます。


そこで薬の働きを最大限に発揮するように工夫された投与方法が3DSです。


この3DSでは、歯科衛生士による専門的な技術と器具を用いた歯面清掃処理(PMTC)を行って、バイオフィルムを完全に除去した後に、歯列にフィットしたトレーを用いて薬を一定時間歯面にのみ塗布します。

この方法なら薬が唾液で希釈されることなく、安全かつ確実に抗菌剤やフッ化物などの薬を歯牙硬組織のみに輸送・塗布することが可能です。

 

3DSの方法
①唾液検査を実施し、リスクをお知らせします。除菌の必要があるかどうか診断します。

 

②虫歯の治療を完全に終えてから、ドラッグリテーナーを作製します。
歯型をとり、マウスピースのようなトレーを作製

 

③デンタルプロ・トータルケア(PTC)を行い、歯面のバイオフィルムを完全に除去します

 

④ドラッグリテーナーに除菌剤を流し込み、装着。 5分間維持します。

 

⑤家庭では1日1回(就寝前のブラッシング後) 専用ジェルをリテーナーに入れて装着し、5分間維持。 歯質を強化します。