高水準の治療技術で、
噛む喜びと笑顔を取り戻す
インプラント治療

当院のインプラント治療の強み

  • 多彩な術式で様々な症例に対応
  • 実績に基づいた診断力・技術力
  • 安全・安心な管理体制
  • アフターメンテナンスの充実

インプラントとは?

*

近年、失った歯を補う方法として「インプラント」という治療法が主流となってきました。
「インプラント」とは、歯が抜けてしまった部分にチタン製の人工歯根を埋め込み、上部にセラミックなどで出来た人工の歯冠を装着することで歯の機能と見た目を補う治療法です。
人工歯根に用いるチタンは他の金属と比較しても金属アレルギーが出にくく、有害な作用がほとんどありません。また非常に軽く、鋼鉄以上の強度があり、酸などに対して錆びにくく高い耐食性があるのも特徴です。

失った歯の部分を補う治療なので、入れ歯やブリッジのように周囲の歯に負担をかけることがなく、噛む力の分散によって残っているご自身の歯を守ることにもなります。

*

インプラントの構造は基本的に3つ分かれます。
歯槽骨に埋め込まれる人工歯根「フィクスチャー」、人工歯の部分にあたる「上部構造」、上部構造との連結部分「アバットメント」です。
インプラント治療は外科手術を伴い、まず顎の骨に人工歯根であるフィクスチャーを埋め込みます。術後は骨と強固に結合するまで2〜6ヶ月ほど待ちます。(骨の条件・状態により異なります)
結合が確認できたら、アバットメントの取り付け、歯肉の形態形成、咬み合う歯や隣り合う歯との咬合の調整を重ねたのちに上部構造を取り付けて完成です。
インプラントは顎の骨でしっかり固定するので、天然歯と比べても違和感がなく噛むことができます。
また見た目もとても綺麗で天然歯に見劣りしませんし、顎運動や咀嚼機能に合わせた上部構造の形態の構築、再現することも可能です。

インプラント治療は健康保険が適用されない自由診療なので、
費用も決して安くはありません。
しかし、審美面・機能面を含めて長期的に考慮すれば、
最善の治療法なのかもしれません。

ブリッジ、義歯(入れ歯)
との比較

  • インプラント
    インプラント

    インプラントは歯のない部位の額骨にチタン製の人工歯根を直接埋め込み、その上にセラミックなどの人工歯冠などをつけます。隣り合う健康な歯に負担をかけることがなく、噛み心地も天然歯に近く、見た目も自然で綺麗です。

  • ブリッジ
    ブリッジ

    ブリッジは失った歯の代わりの人工歯を隣り合う歯と橋のようにつなげる治療法です。インプラントと比較すると費用的に安価、治療期間が短いなどのメリットがあります。ですが両隣にある歯を削らなければならないこと、連結しているために汚れが溜まりやすく、二次虫歯や歯周病のリスクを高めること、支える歯に大きな負担がかかるなどのデメリットがあります。

  • 義歯(入れ歯)
    義歯(入れ歯)

    義歯(入れ歯)は保険適用の材質を使った治療が一般的で、費用が抑えることができます。いろいろな装置がありますが、噛み心地もインプラントと比較すると悪く、どうしても口の中に異物感が出てしまいます。また口元の外見が気になったり、痛みが出たりします。また部分入れ歯など金属の留め具で支える場合、ブリッジと同様に支えとなる歯に負担がかかることにより悪い影響が出てしまう恐れがあります。

「ブリッジ」「入れ歯」にもメリットはありますが、
それらでは連結させるために健康な歯を
削ったり、入れ歯を安定させるために金具を引っ掛けたりと
過度の負荷のかかる治療法を選択
することで、最終的にその歯も失ってしまうこともよくあります。

インプ
ラント
ブリッジ 義歯
(入れ歯)
噛む力 天然歯と
ほぼ同じ
天然歯の
約60%
天然歯の
約25%
違和感 ほとんどない 少ない 生じやすい
他の
歯への影響
周囲の歯へ
の影響なし
健康な歯を
削る必要がある
支える歯に
負担がかかる
留め具による
歯への負担
保険
適用
なし あり あり
治療
期間
長い 短い 短い
インプラントの
耐久性

インプラントの耐久性は永久的なの?と思われている方が多くおられるかもしれません。
実際、10年後の残存率は90%以上と高く、長期的な使用が可能となっていますが、インプラント手術時の歯槽骨の状態や骨質、咬合力、口腔衛生状態などによっては上部構造の破損や脱離が起きたり歯周組織の炎症により骨吸収を起こし、インプラント体が抜けてしまうこともあります。耐久年数は患者様個人の生活習慣や歯科医院での定期メンテナンスの有無によって左右されます。

多彩な術式

インプラント埋入術式

術式1成熟骨埋入

歯を失ってから十分期間が経過している場合、歯が抜けた穴は十分骨化しているのですぐにインプラントを埋入することができます。診査をして計画を立てたのち埋入手術を行います。

*

横にスワイプしてご覧ください

術式2抜歯即時埋入

その名の通り、歯を抜くと同時にインプラントを埋入する方法です。
通常の埋入方法では、抜歯窩(歯を抜いた穴)がふさがり骨と歯ぐきが治るのを待って埋入するのですが、抜歯窩が治るまで2ヶ月〜6ヶ月かかります。
抜歯即時埋入は抜歯と同時にインプラント治療を開始するので、患者様の身体的負担も少なく治療期間が短くなります。

*

横にスワイプしてご覧ください

術式3待時埋入

歯を失うと歯槽骨が吸収され骨幅が薄くなったり、高さが下がってしまいます。
インプラントを埋入するための骨量が不足している場合、GBR法で骨の造成を促し、十分な骨の再生を待ってインプラントの埋入を行います。骨再生まで、約2ヶ月〜6ヶ月の期間がかかります。

*

横にスワイプしてご覧ください

付帯手術

GBR(骨造成)法

GBR法とは、骨の厚みや高さを補うための手術です。歯周組織の再生を促す治療法の一つです。インプラント治療を行う前に、インプラントを埋入するためには骨の幅や骨の高さがないと、インプラント治療が出来ない場合があります。適切な状態でインプラント埋入を行えば、成功率が上がり、長期安定が望めます。

インプラント埋入前
歯を失って時間が経過してくると、周囲の歯槽骨が吸収されます。そのままインプラントを埋入しても骨から露出してしまうため、歯槽骨が不足している部分(抜歯時は抜歯窩)に、粉砕した自家骨もしくは骨補填材を入れ、メンブレンという人工膜でふさぎ、縫合します。
その際、成長因子や血小板を多く含んだ自己血由来のAFG、CGFを用いることによって術後の痛みが軽減され、治癒を促進、経過が良好です。
*
インプラント埋入時
インプラント埋入する理想的な高さまで歯槽骨が不足している場合に、インプラント埋入周囲に粉砕した自家骨もしくは骨補填材を入れ、メンブレンという人工膜でふさぎ、縫合します。
同じくAFG、CGFを用いることで術後の経過が良好です。
*

横にスワイプしてご覧ください

治療例
  • *

    骨量が不足

  • *

    骨補填材を入れる

  • *

    メンブレンでふさぐ

  • *

    術前

  • *

    術後

骨の幅が足りないところへの埋入
スプリットクレスト
歯槽骨が吸収を起こし、骨の高さはあるが幅が足りない場合、「スプリットクレスト」という治療法があります。骨頂から器具を入れ、骨を分割し拡げて、インプラントを埋入します。
*

横にスワイプしてご覧ください

治療例
  • *

    骨の幅が不足

  • *

    骨頂を分割し
    インプラントを埋入

  • *

    骨補填材を入れる

  • *

    術前

  • *

    術後

ブロック骨移植法
歯を失い、歯槽骨が吸収され、骨の幅が不足している場合に自身の骨を削り出し、不足しているところに移植をしてインプラントが埋入可能な骨の幅を補う方法です。削り出した自家骨をブロック状に形成し、不足している部分を覆うようにネジで固定します。術後に移植骨が適合し、血液が供給されてからインプラントの埋入を行います。
治療例
  • *

    骨の幅が不足

  • *

    ブロック骨を移植し
    ネジで固定

  • *

    骨幅増加、
    埋入が可能

  • *

    上部構造完成

  • *

    術前

  • *

    術後

  • *

    5年経過

骨の高さが足りないところへの埋入
上顎洞底挙上術
ソケットリフト
上顎の垂直的な骨の量(高さ)が不足している患者様に対しては、「ソケットリフト」という上顎洞底挙上術を骨再生療法と併用してインプラント治療を行っています。
*

横にスワイプしてご覧ください

治療例
  • *

    術前

  • *

    術後

サイナスリフト
上顎の骨量が極端に少なく、そのままの手術が困難な患者様に対しては、「サイナスリフト」という上顎洞底挙上術を施します。
*

横にスワイプしてご覧ください

治療例
  • *
  • *
  • *
  • *

    術前

  • *

    術後

歯を失ったまま
放置するリスク

歯並びに影響、さまざまなトラブル

人の歯は、親知らずを除き上下合わせて28本あります。さらに舌、顎関節、噛むための筋肉が機能を果たし、お口と身体のバランスを保っています。
だからこそ、たった1本でも歯がなくなってしまうとバランスが崩れ、将来的にさまざまなトラブルに見舞われることになるのです。
歯がない状態のまま放置していると、その隙間を埋めるかのように隣の歯が傾いてきたり、直接噛み合っていた歯が伸びてきたりします。

噛む力が減ってしまうと…、胃腸に負担、思考能力の低下

さらに、噛み合わせの負担を受けた周りの歯が影響を受け、最終的には健康な歯に負担がかかっていきます。
そして、どんどん歯を失っていき噛む力が減っていくと、身体にも影響が現れます。咀嚼(そしゃく)できないことで胃腸へ負担がかかり、脳への血流不足による思考能力の低下などが挙げられます。また、近年ではアルツハイマーの原因のひとつともいわれています。

  • 歯の噛み合わせが悪くなることで、歯並びに影響が出る
  • 歯を支えていた顎の骨に圧力がかからなくなるため、骨が痩せる
  • しっかりと噛めないため、消化器官に負担がかかる
  • 発音しづらくなる
  • 顔の輪郭が変化する
  • シワやたるみが増える 

安全なインプラント治療へ
の取り組み

診査・診断

*
歯科用CTによる分析
従来のレントゲンでは見ることができない顎の骨の厚みや神経管の位置など、歯科用CTによって詳細な情報を確認することが可能。治療計画の精度が高まり、より安全で正確なインプラント治療ができます。撮影されたCT画像データをもとに、コンピュータを用いて術前の検査・診断ならびに治療計画を立てていきます。

緻密な3Dシミュレーション

*
シムプラント
シムプラント(Simplant)というソフトを利用し、歯科用CTで撮影された画像を元に、コンピューター上で立体的に骨などの周囲環境を3次元的に解析し、インプラントの埋入位置・深さ・方向をシミュレーションすることが可能です。そこから、インプラントを埋める位置・深度に合わせたガイデッドサージェリーを作製、ガイドに沿って埋入することで、正確かつ安全にインプラント治療を行うことができます。

清潔なオペ専用ルーム

*

当院では、患者様に安全・確実なインプラント治療を受けていただくために、最新治療設備・器具を導入した手術環境を整えているほか、最新の院内感染予防システムを導入し衛生環境の維持・向上に努めています。
インプラント手術のための別棟に専用オペルームを設け、手術中の細菌感染を防止。施術に使用する各手術用具は完全無菌状態でパックされているものを使用し、無菌に近い環境で治療を行います。

安全管理体制

  • *

    生体モニター
    心拍数・脈拍数・最高血圧、最低血圧、平均血圧・動脈血酸素飽和度・呼吸数・体温などが同時にモニタリングできる生体モニターです。貧血から重篤な症状までわずかな変化までを早期に発見でき、全身管理に大変役立ちます。
  • *

    酸素・笑気ガス
    ほんのり甘い香りのする笑気ガスを鼻から吸入する麻酔方法です。意識はありますがリラックスした状態で治療を受けていただくことができます。
    吸入中はうとうとしている状態ですが、吸入を止めればすぐに回復(覚醒)した状態に戻ります。治療への恐怖心や不安が強い方に使用しています。呼吸状態によって併設の酸素ボンベから酸素のみの吸入も可能となっています。
  • *

    無影灯
    口腔内の深部まで光が届き、影をつくらない無影灯です。繊細さと正確さが求められるインプラント治療に必要不可欠です。
  • *

    インプランター
    患者様のそれぞれ骨の量、厚み、硬さなど違いがあるため、埋入時には極めて細かいドリルの回転制御が求められます。その際インプランターが最適な回転数となるようにコンピューターが制御してくれます。回転数や速度にムラがないので迅速かつ正確にインプラントの埋入ができます。
  • *

    口腔外バキューム
    口腔外バキュームは、治療中やお口の外で出る粉塵を、より高いレベルで吸い取ることが可能ですので、よりクリーンな診療室の環境を実現することができます。
    感染症や院内感染の防止に努めています。
  • *

    信頼のインプラントブランド
    インプラントは信頼のおける世界的メーカーを選んで使用します。様々な種類、形状、大きさを取り揃え症例に応じて使い分けています。
  • *

    定期メンテナンス
    インプラントを入れたから治療は終わりというわけではなく、インプラントにも歯周病と似た「インプラント周囲炎」という骨吸収が起こる可能性があり、治療後にセルフケアや定期メンテナンスが重要となってきます。

安心の10年保証

当院で、インプラント治療を受けられた方には、
以下のような10年間の保証が付きます。

保証書発効日
より
当院負担 患者様負担
5年未満 100% 0%
5〜7年 70% 30%
7〜10年 30% 70%
10年以上 0% 100%

※再治療を行う前提での保証であり、返金は致しません

以下の場合は保証の対象外
となりますのでご注意ください
  • 当院の定めた定期検診に応じていただけなかった場合
  • 患者様の重大な不注意や外傷などでの破損
  • 無理な使用や当院の指示に従わない状態での使用による不具合
  • 診療時に全く予想ができない変化が口腔内に起きた場合
  • ナイトガードの使用を指示されたのにもかかわらず、使用されなかった場合
*

他院でインプラント治療を
断られた方へ

*

インプラント治療は、歯を失ってしまった部分の顎の骨にインプラントを埋め込む手術です。そのため、インプラントを埋め込む場所の骨が足りない場合、歯科医院によっては治療を断られるケースもあります。
すずき歯科クリニックでは、難症例のインプラント治療も数多く成功させています。
他院で「インプラントができない」と診断された方は、お気軽にご相談ください。

インプラント
治療症例集

インプラントネット

ページの先頭へ戻る