子供を産んでから
歯が
ボロボロになってしまったの

このようにおっしゃる方がたくさんいらっしゃいます。
実は妊娠中はお腹の中だけではなく、
お口の中にも大きな変化が起こっているのです。

*

多くの女性が妊娠・出産を経験されますが、赤ちゃんというかけがえのない宝物を授かると同時に、ご自身の健康を犠牲にしてしまうことは悲しいことです。
そこで、すずき歯科クリニックは妊婦さんのお口の健康を守るためにマタニティ歯科をはじめました。
マタニティ歯科では、妊婦さんのお口の環境を改善し、妊娠中も産後も健やかで快適な生活を送れるお手伝いをさせていただきます。

健やかな赤ちゃんを
産むために…

妊婦さんのお口の中では、妊娠すると増える女性ホルモンを利用して歯周病菌が繁殖しやすくなっています。それによって起こる歯周病を“妊娠性歯周炎”と呼びます。
主な症状として、歯ぐきがプクプク腫れたり、歯磨きをすると出血したり、時には痛みが出たりします。

こんな症状はありませんか?
  • 歯ぐきが腫れている
  • 歯を磨くと出血する
  • 口の中がネバネバした感じ
  • 口臭が気になる

それは“妊娠性歯周炎”かも!?

妊娠性歯周炎を放っておくと、
流産・早産・低体重児出産の
確率が
高まることがわかってきています。

歯のトレーニング・適切なブラッシング

妊娠中はつわりなどで、お口のお手入れが不十分になりがちですが、妊娠性歯肉炎を予防・改善するためには、適切なブラッシングと歯のクリーニングが必要です。
衛生士による歯のクリーニングは痛みもなく、すっきり気持ちがよく、お口の中を清潔にすることにより気分もリフレッシュでき、歯周病や虫歯の予防にもなります。
健やかな赤ちゃんを産むためにも、ぜひマタニティ歯科で衛生士による適切な歯磨き指導と、歯のクリーニングを受けましょう。

生まれてくる
赤ちゃんのために…

マイナス1才からの虫歯予防

マタニティ歯科には、さらにもう一つ重要な役割があります。
それが“マイナス1才からの虫歯予防”です。

*

生まれたばかりの赤ちゃんのお口には虫歯菌はいません。ではどこからやってくるのでしょうか?
…答えは「お母さん、お父さん、おじいちゃん、おばあちゃん」今まで虫歯になったことがある身近な家族から感染することがほとんどです。
その中でも特に赤ちゃんと接する機会が多い「ママ」から感染することが多いと言われています。

*

虫歯は唾液を介して感染します。
赤ちゃんのお世話をする中で、一度ママが噛んだものを与えたり、ママと赤ちゃんが同じ箸やスプーンやコップを使ったり…。何気ないことで虫歯菌は赤ちゃんにうつってしまいます。
これから生まれてくる大切な赤ちゃんに虫歯菌をうつす可能性を減らすためにも、妊娠中からの健康なお口づくりが必要なのです。それはきっと、お子様への最高のプレゼントとなるでしょう。

Q.どうしたらいいの?
虫歯を治療しておきましょう
妊娠初期・後期には簡単な治療を、妊娠中期(安定期)にしっかり虫歯や歯周病の治療を受けましょう。
虫歯菌を減らしましょう
  • 歯磨きを丁寧に行いましょう。
  • キシリトールを習慣的に取り入れ、丈夫な歯を作りましょう。
  • マタニティ歯科で歯のクリーニングを受けましょう。

*

Q&A

妊娠中の歯科治療について、
よくある質問にお答えします

  • 妊娠中でも治療できるの?

    はい、妊娠中でも治療できます!
    治療の時期は、安定期(5~8ヶ月)が最適ですが、簡単な治療なら安定期をはずれていても可能です。(体調に合わせた治療計画をご提案いたします)母子手帳をお持ちいただき、スタッフにかならず「妊娠中」ということをお知らせください。
  • レントゲンは赤ちゃんに影響ないの?

    ご心配いりません
    基本的に歯科で用いるレントゲンは、赤ちゃんに直接あたることがないので危険度はかなり低いです。防護用エプロンを着用するのでまず問題はありません。
    また当院では、被曝量が従来のレントゲンの6分の1で撮影できるデジタルレントゲンを使用しますのでご安心ください。
  • 麻酔は使っても大丈夫?

    赤ちゃんに影響はありません
    歯科で使用する麻酔は局所麻酔で、薬液の量も少なく、赤ちゃんへの影響を心配する必要はありません。
    ただし、歯科の麻酔で気分が悪くなったことがある方は、事前にお知らせください。
  • お薬は飲んでもいいの?

    安全なお薬を処方します
    妊娠中でなくてもお薬は飲まないで済む方がいいですよね。
    しかし、痛い時や膿んでいる時など、お薬を飲んだ方が快適な場合は、妊婦さんでも安全なお薬を処方します。
ページの先頭へ戻る