07

マイクロスコープを用いた“見える”精密根管治療

*

精密根管治療で
抜かなくても守れる歯があります
虫歯が進行し、歯の神経が細菌により炎症を引き起こした場合、神経を取り除き汚染された根管内を清掃する必要がありますが、根管の形状は複雑であり人それぞれ異なるために非常に困難です。
歯髄の取り残しや根管内の清掃不良がのちに「根尖病巣」を引き起こし、「痛みや腫れ」の原因となり、最悪の場合「抜歯」となってしまいます。

当院では、歯科用顕微鏡「マイクロスコープ」を導入することで肉眼では見えない細部までの把握が可能になり、幅広い分野において治療の精度向上に貢献しています。

マイクロスコープ

従来の拡大鏡を用いた根管治療では、歯科医師の経験と勘に頼る部分がわずかながらありますが、歯科用顕微鏡「マイクロスコープ」は最大24倍まで拡大し、今まで見えていなかった細部まで見え、そして深いところまで光が届くので、これまでとは次元の違う精密な根管治療を行うことができます。
他院では保存不可能と言われた歯も、可能な限り長持ちさせることができます。
すずき歯科クリニックは、ドイツのメラー社のマイクロスコープを導入しています。

肉眼では見えないところまで根管の状態が見えます(肉眼の最大24倍)

最大24倍率のはっきりとした視野の下で
根管治療だけはなく、
インプラント治療、歯周外科、自費補綴などにも
精度の高い治療を提供することができます。

ページの先頭へ戻る