令和2年5月20日 中国新聞朝刊より

広島県歯科医師会から令和2年5月20日の中国新聞朝刊に以下の記事が掲載されています。

img_np_chugoku-np_20200520

一部のメディアで歯科医院における新型コロナウイルスの感染リスクが報道されましたが、これまでもウイルス感染対策をしっかりと講じており、現在のところ国内の歯科医院において私たち歯科医療従事者から患者様に感染した事例は一例もはありません。

また治療中断・口腔内ケア不足による環境悪化は、細菌性の肺炎を引き起こし、ウイルス性肺炎が重症化しやすくなるとの報告もされています。

誰もがこの感染症にかかる可能性がある今だからこそ、普段からの口腔内ケアが大切ですね。

 

 

お知らせ一覧へ

ページの先頭へ戻る